2017年04月09日

木馬 その2

きいちくんに木馬を作ってあげました。
木馬としてはは2頭目になります。

IMG_4085a.jpg ここまでは前作(2012年4月)とほぼ同じ。
緑色のクッションにはお姉ちゃんのいたずらがきがあります。

IMG_4099a.jpg 試しにきいちくんに乗ってもらいました。
足がステップに届きませんが、満面の笑みです。
こゆきねーねも「一緒にのりたーい。」

DSC_5839a.jpg たてがみとしっぽが前作と違います。
鈴も10個ついていて、ゆするとリンリンと鳴ります。

IMG_5014 a.jpg おうちで毎日乗って遊ぶと、フローリングが
キズだらけになりそう。
もうひと工夫必要です。

 お姉ちゃんは木馬にあまり興味を示さなかったのですが、きいちくんはすぐ気に入ってくれました。
男の子と女の子は興味を持つものが少し違うようです。

posted by よんく at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

機関車トーマス

一歳のきいちくんが大好きな「機関車トーマス」を作りました。
トーマスのテーマ音楽が流れてくると、すぐテレビの前に這って行くのです。
IMG_0837a.jpg 主な材料はフォーバイ材、車輪は不要なテーブルの脚を輪切りにしたもの。
画像をプリントして参考にしました。

IMG_0838a.jpg あまり塗装をすることは無いのですが、やはりトーマスは青くないとね。

IMG_2093a.jpg トーマスらしい赤いパイピングや立体的な顔は難しい。
顔は紙粘土で作りました。

IMG_1702b.jpg きいち君も気に入ってくれて、転がして遊んでいます。

製作期間は2か月も掛かってしまいました。
長さ30センチ、高さ18センチほど。
この笑顔が何よりです。
おねえちゃんのこゆきちゃんから、煙突が長すぎると意見が出ています。
屋根もちょっと低かったなあ。


posted by よんく at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

希一くんのイス

6カ月の希一くんがお母さんたちと一緒のテーブルで食べられるよう、子供用のいすを作りました。

IMG_3929.JPG 2日で出来上がるよう、イメージ図を基に材料のサイズを決め、カットとやすり掛けを済ませます。
背もたれにもアールを付けたため、1時間ほど余分な時間がかかっています。
部材は全部で23個でした。

IMG_3934.JPG コーススレットで組み立て。脚を7度傾けたので、ここでも手間暇がかかりました。
これは肘掛上をスライドするテーブルを乗せた状態。
作業を急いだので、途中の写真がありません。

IMG_4212.JPG テーブルを外すとこんな感じ。
全高85センチ、座面までの高さ50センチ、座面の幅35センチ。
座面と床の中間あたりにステップを設けました。
椅子のテーブルは食卓のテーブルより3センチほど高くなっています。

IMG_4273.JPG さっそく希一君の家に持ち込み

IMG_4256.JPG 座ってみてもらいました。
座面と椅子のテーブルが離れすぎていて、まだ希一君には大きすぎ!!
しばらくはクッションなどで調節してもらうことになりました。
テーブルをひじ掛けより低くセットできるというプランも有力。

またステップが脚より出っ張っているので、安全のために手直しする予定です。

さっそく同じデザインのお姉ちゃん用のイスと、来年新入学祝いの勉強机の注文が入ったのでした。

IMG_4751.JPG 左側、お姉ちゃんのイスが出来上がりました。デザイン的にはよく似ていますが、微妙に違っています。2脚目ですのでそれなりに改良を加えたのです。

IMG_4755.JPG  大きさの違うテーブルですが、イスのひじ掛けが同じサイズなのでどちらにも取り付けられます。

IMG_4743.JPG 仲良く並んで食事する様子が思い浮かんできます。
posted by よんく at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

施設のボーリング台

おそらく10数年前に作られた勤め先施設のボーリング台が、老朽化で分解しそうになっていました。気になっていたところ依頼があり、新台を作りました。
以前の台の改善点や目標は
@スロープが直線的で、ボールがスムーズに転がらない。
Aボールが床に触れる時、ドンと大きな音がする。
Bボールを後ろから押すのだが、上手く押せない利用者さんの対応を工夫する。
Cただしボールの転がり具合はこれまでの台と差が少ないようにする。
Dシンプルながら見栄えの良いデザインにしたい、など。
IMG_8264-300.jpg 古い台


IMG_7095-300.jpg スロープ部分は直線でよい。65cmの高さから30度の角度で転がす前提で、ツーバイ材をカット。

IMG_7094-300.jpg スロープの前後部分が曲線になります。大まかに削り、接合してからグラインダーで仕上げます。

IMG_7100-300.jpg 奥が上側の、手前が下側の曲線部分となる。

IMG_7101-300.jpg 直線と曲線の部材の接合はダボとして、コーススレットなどが見えないようにしました。

IMG_7102-300.jpg IMG_7103-300.jpg こんな感じで接合されます。右の写真は下部で、ダボ穴が不正確だったため、補正が必要でした。

IMG_7769-300.jpg 接着が終了。ここから補強していきます。

IMG_7777-300.jpg 縦横に柱、梁をコーススレットで組み立ててほぼ出来上がり。コーススレットの頭は見えないよう2・3ミリほど埋め込み、穴はパテで塞さいでしまいます。
台がひしゃげるのを防ぐのに、縦方向は斜めのスロープが筋交いの役割を兼ね、横方向は筋交いを入れます。

IMG_7895-300.jpg これはレバーを倒してボールをスタートさせるための部材。

IMG_8083-300.jpg このようにスタート台下に取り付けたのですが、ボールを下から持ち上げてスタートさせる構造だったため、結果的にレバーを倒すのが重すぎてしまった。後日、後ろから押す構造に変える予定です。ボールが不用意に左右や後部に落ちないよう、台には枠があります。

IMG_8086-300.jpg 使われるボーリングボールと同じ大きさのサッカーボールを転がしてみます。このボールなら軽いので上記の持ち上げ方式でも有効だったのですが・・・。

IMG_8233-300.jpg 体育館に持ち込んで、実際のボールでテスト。滑らかに転がる分、以前の台より1割ほどボールのスピードが速い。まあいいとしましょう。
ちなみにボールもピンも実際のボーリング用品を使用していますが、ピンの間隔は本物より狭く、ストライクが出やすくなっています。

IMG_8238-300.jpg 台が軽く移動できるよう、最後部の下部にキャスターを取り付けています。前部を持ち上げた時だけキャスターが接地するのです。またボールは下の段に収納できます。

IMG_8239-300.jpg この後、クッションを取り付けるなど少し修正して実際の活動に使ってみました。前述のレバー以外は問題が無く、今後皆さんに末永く使っていただけそうです。

製作期間は1カ月。所要時間は15時間ほどでしょうか。費用は2,000円弱。
自己採点は70点。まだまだ未熟です。

IMG_8279-300.jpg

posted by よんく at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

自転車のハブの締め付け


今回は自転車の修理です。

自転車通勤を始めてから凡そ1年10カ月、サイクルコンピューターを付けてからちょうど1年経ちました。
ペダルを漕いだ時と走行中にそれぞれのハブ部分のガタツキがあるようなので、日曜日に修理しました。
掲載写真はフロントのハブ部分です。

IMG_8828-6.jpg フロントのクイックシューを外してみると、何とベアリングを抑えているハブが緩んでいて、封入されていたグリスも劣化していました。

IMG_8831-6.jpg 軸を外し、ベアリングもすべて取り出し、洗浄します。

IMG_8834-6.jpg グリスを注入しダブルナットになっているハブを締め付けます。
ハブレンチは適合サイズを持っていなかったので、急遽買ってきました。3枚組で880円でした。

IMG_8992-6.jpg 組み立てて試乗して、問題無さそうなので、


IMG_8993-6.jpg 久々に車体全体の汚れを落とし、修理終了。

1年間の走行距離は1027Km。職場の往復が10Km程度ですから単純計算で年間100日ほど自転車通勤したことになります。





posted by よんく at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

食器棚つくり

昨年暮れから取り掛かっていた「食器棚」が出来上がりました。
 
実は2年以上前にかみさんから依頼されていたのですが、暮れに「まだ出来ないの」の一言で、ようやく重い腰をあげたのです。
条件は@今ある食器棚のスペースに収まる事。
 Aシステムキッチンのように、扉を閉めると壁面のようになる事。
 B床から1メートルほどの高さにテーブル面があり、書きものなど出来る事。
 Cフライパンがそのまま入る位の大きな収納があることなどなど。
 
高さ2360mm、幅1800mm、奥行き500mmとかなり大きいので、図面を描いて始めました 
 
 
図面を元に材料(2X4材等)を購入し、カットします。 (12月23日)
 
 
下半分の骨格が出来上がり。
 
 
中間に入るテーブルの天板材をカット。 (12月29日)
 
上半分の骨格を作るため、部材をカット。
 
 
 
扉部分の穴あけは、予めホームセンターでお願いした。
(1月26日分参照)
 
 
組み立て前にアイボリーの水性塗料で塗装 (1月1日)
 
 
 
扉の付く柱部分に細かい細工を行ってから・・・ (1月4日)
 
 
骨格を組み立て。 (1月13日)
 
 
扉を取り付けるとこんな感じ。
日暮れに作業を終えてから撮影したので、周囲は暗くなっています。 (1月13日)
 
 
扉の蝶番は「スライドヒンジ」の全被せと呼ばれるこのタイプを使用。
このヒンジは面倒なことに、扉側に丸い穴を開ける必要があります。
棚板は左右4枚づつ計8枚用意し、間隔を細かく調整できるよう、既成の金具を柱の溝に埋め込んでいます。 (1月26日)
 
 
テーブルの下に引き出しを4つ設ける事にし、箱を4つ作る。 (2月2日)
この後2月8日と14日に記録的な大雪が・・・。
 
 
 
こんな感じで引き出しが納まります。 (3月22日)
 
 
 
次はフライパンがそのまま入る大きさの引き出し作り。 (3月23日)
 
 
 
相当な重量になるので、軽く引き出せるよう両側にキャスターを付ける。
 
 
 
作業はこのテーブルソーと横の作業台とガラステーブルで行う。
まあ面倒だとウッドデッキ上でもやっちゃいますが。 (3月29日)
 
 
キャスター付きの大きな引き出しは2つ。
実はキャスターの設定にたいへん手間取ってしまいました。 (4月12日)
 
 
裏面は片面アイボリー色の薄いベニヤ張りです。
 
 
ウッドデッキ上のガラステーブルは、様々な小物でいつも機能的に散らかっております。 (4月12日)
 
 
先の画像と同じようだが、扉面が均一な平面になるよう、スライドヒンジを微調整している。
右端の空間も扉が付いた収納スペースになります。 (4月19日)
 
 
すべての扉と引き出しの引き手部分は目立つよう茶色く塗装。
アクセントになって、デザイン的にも見栄えが良くなりました。
 
 
テーブルの上で書きものなどがしやすいよう、上部に照明器具を設置。 (4月26日)
 
 
 
電球型の蛍光ランプは保護のためアクリルで囲ったが、熱を逃がす工夫が必要かも知れない。
アクリルはまだ保護シートがを張ったままです。
(この後少し改良しています。)
 
 
照明のスイッチは使いやすい位置に設置。
 
   
天板を挟んで上下部分の接続はと言うと、安定性を考慮し、天板と下部はダボとダボ穴で、天板と上部はコーススレットで固定としました。 (4月26日)
 
 
こうして上下部分がそれぞれ出来上がり、
        
 
 
いよいよ撮影用に上下を合体させる運びとなりました。 (4月29日)
    
 
さて上部を乗せようとしたが、内部の棚板を外していても想像以上の重量があり、とても大変!!
 
 
二人がかりで何とか乗せることが出来ました。
 
 
天板と上部の証明の様子。
奥に電源用のテーブルタップが見えます。
 
 
中央部はこれから背板を張るようになります。
なかなかの出来栄えです。お疲れ様でした。
かみさんも満足の様子でしたが、出来て当たり前と思っているのか割合平静でした。
尚、ほとんどの接合はコーススレット止めなので、後から修正や追加加工が可能です。
 
 
休日に屋外での作業だったので、雨天だと中止。
晴天でもダラダラして始めるのが11時過ぎだったり、やり直しが多かったり、また大雪に見舞われたりもしましたが、完成まで4カ月もかかってしまうとは。 
費用は細かく算出していませんが、せいぜい3万くらいでしょうか。
 
かみさんの都合で、設置と食器の移し変えはGWの後ということになりました。
 
内部の棚は上方だと2メートル近い高さになるので、出し入れがたいへん。そこで脚立を兼ねた椅子を追加で作る予定です。 (5月1日)
 
地震の際に収納された食器が飛び出さないよう、振動を感知すると扉をロックするような仕掛けを考慮中。
 
 
 
posted by よんく at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

新聞ストッカーなど

今回は依頼された工作3点です。
 
 先ず新聞紙のストッカー。センスのいいストッカーというご注文で、こうなりました。
右の作品のように二重底の中に梱包用の紐が納まります。底板は左側のように溝があり、予め紐を通しておくと、縛ってから引っ張り出せる、という想定です。底面にはキャスターが付いています。 
 
 高さ19センチの三角柱の作品です。注文どおりに出来ましたが、何に使うのでしょう??
 
 座面の高さが8センチ、背中の柱が30センチのミニ椅子です。花瓶などが置けるような大きさで、簡単に組み立てられるかどうかの試作品です。椅子作りは考えたり組み立てたりと結構楽しいアイテムです。
posted by よんく at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

アイロンビーズの展示台

GW中のものづくりです。
施設の利用者さんのアイロンビーズ作品を保管・展示するため
ディスプレイ台を作りました。
 
 
カラフルで素敵な作品を並べると、
ディスプレイ台の出来栄えが上がったように見えます。
posted by よんく at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

壁掛け式テレビに

施設のグループルームにあるテレビを壁面に移動させ、皆が見やすいようにしようということで、プランを考えました。
 
 このように床置きだと、独り占めの状況が起きてしまうのです。
 
 フォーバイ材で棚を作って収めるプランになりました。テレビの高さは画面の中心が床から凡そ1m50cm。製作中の様子です。
 
 休日にセッティングしました。電源コード、アンテナコードも床や天井の梁を這っていて気になっていたので、モール等を使いひき直しています。DVDデッキはテレビ画面より10cm程度飛び出ていますが、頭が当たらないような高さです。操作はそれぞれリモコンになります。
 
明日利用者さんはどんな反応を見せてくれるのでしょうか、楽しみです。
posted by よんく at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

ホワイトボードのストッパー

お正月休みのDIYです。
職場の回転式両面ホワイトボードのストッパーが壊れていたので、新しいストッパーを作りました。
デザインはオリジナルに準じるかはたまたといろいろ考えた末、木製の丸こい優しい形に落ち着きました
 
 これジャガイモのようですが、ストッパーです。余ったフォーバイ材から削りだしています。
 
 このようにフレームとホワイトボードを挟み込んで留める仕組みです。
 
  ボードを回転させる場合は、このように倒します。隙間が出来て回転できるようになります。ひと目で仕組みが判るので、無理やり扱われる事も無いでしょう。多分。
 
 この写真の方がわかり易いかな。右側に壊れた本来のストッパーが見えます。
 
フレームとボードを挟み込む簡単な構造なのですが、削りだしはかなり面倒です。そしてがたつかないようそこそこの精度も要求され、手順の悪かった事もあり、思った以上に時間がかかってしまいました。
 
 
posted by よんく at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする